サイクリング&廃線ワンダーフォーゲル

宝塚の近くにワンダーフォーゲル方向があります。元は電車福知山線で、廃線になった後、現在ではワンダーフォーゲル方向として解放されています。5距離間近ある方向で、本当は今回は2回視線の挑戦です。というのも前回の挑戦では11月辺りの夕暮れ近くに愛車で到着して歩き出したものの、側は山野なので太陽が暮れるのが手早く、いくつかあるトンネルはほんとに暗闇で、ブラインドして歩いているみたいでした。そして前回はスタートして2距離位脱落し、引き返す申込となりました。

前回の停滞において今回は早朝にマンションを出発することにしました。懐中ランプも持ちました。そうして誠に今回は大阪から現場まで自転車で行くことにしました。自転車は20インチ、いわゆるミニベロという商品です。そうして現場までの開きは往き30距離、合計すると往復60距離のサイクリングと5距離のワンダーフォーゲルという挑戦でした。

即日はイメージは白々しいものの快晴で、適度に汗をかきながら気持よくサイクリングができました。また廃線方向では桜を僅か期待していたのですが、時世系統に依然早かったようです。真っ最中川が臨める開けたポジションでは至る所で資料が敷かれ、弁当を食べている自分でにぎわっていました。

帰宅するとアクセスが重く、ワンデイアクセスを酷使したことを実感しました。風呂に浸かりながら、今度は桜が咲く頃に3歳になる甥っ子と共に歩こうかと思いました。www.aloneandacoustic.com