身近に映る朝ドラ

朝ドラ「べっぴんさん」が最終回を迎えました。
一年中欠かさず見ては、ヒロインたちの楽しそうな見てくれや頑張るルックスに感動していました。
こちらはここ数年、ミールさん、花子とアン、マッサン、とと姉ちゃん、そして今回のべっぴんさんと何作品か朝ドラを見ていました。
どれも楽しくあっという間の半年間なのですが、最終回を迎えると常に似たような損害感じを覚えます。
ドラマが終わることもうら寂しいのですが、最良うら寂しいのはヒロインとその周りにいるキャラたちとの別れなのです。
ヒロイン、身内、仲よし、学院や仕事場の会員たち、界隈やディーラー街の人たちまで。
半年間も見ているとほんとに親しみが湧くのでしょう。
さながら自分もドラマの中に存在しているかものの、連中が自分の本当の知合いといった感覚になっていらっしゃる。
そうしてしょっちゅう思うのです、「今回の朝ドラ気分から離れられない、次の新しい朝ドラを楽しめるのだろうか」と。
けれどもこれも不思議なことに、気づくと目新しい者に馴染んでいるのですね。
さんざん楽しんでいた前作のことは忘れつつあるのです。

話を楽しむだけでなく、自分もその世界に入ってしまうといった感情。
キャラたちが身近に聞こえる半年間。
これが朝ドラの楽しみなのだと思います。brysenoptical.com